本文へ移動
群馬県富岡市の 学校法人榎本学園 なのかいちこども園 です。
本園は昭和初期、疎開児童の託児所として始まり、その後さつき保育園として地域のお子さんをお預かりし、昭和40年に学校教育法による群馬県の認可を受け、七日市幼稚園として再スタートをいたしました。
また、平成28年4月より幼保連携型認定こども園なのかいちこども園に移行いたしました。
親の就業や所得にかかわらずすべてのお子さんの受け入れが可能になりました。
 
『家庭的な暖かみのある園』『心の通いあう園』『面倒見の良い園』として子ども・園・家庭が三位一体となって、真に子どものための教育・保育を行っています。
 
平成29年度より0歳児(満10か月児)から入園が可能です。

ご連絡

◆10月22日(月)に予定されていた、のこのこクラブのハンドトリートメントは、都合により中止とさせていただきます。
 

トピックス

各クラブのご案内

ひよこっこクラブ
なのっちクラブ
のこのこクラブ
学童クラブ

今日のワンショット

RSS(別ウィンドウで開きます) 

おゆうぎですが…

2018-10-01
ことり組さん、園庭で運動会のおゆうぎの練習をしてみました。
みんな自由演技です。
とても可愛いですが、自由に動きます。
踊ったり移動したり、砂遊びも始めます…。
当日どうなるのかな〜⁇

運動会ごっこ

2018-09-28
お天気が良かったので、全員で運動会ごっこ。
ポンポンおゆうぎや各学年の競技を確認しながら、実際に動いてみました。
みんな一生懸命頑張っていましたよ!
10月6日の当日も、今日のように青空だといいなぁ…。

かっこいい

2018-09-26
ぞう組さんが園庭で組体操の練習をしていました。
大きな声で「ハイ!」と返事をしながらキビキビと動く姿に、パンダ組さんたちから「うわぁ、すごいなぁ」「かっこいいねぇ!」の声と拍手。
背中の泥汚れは頑張った証拠!
みんなの憧れのお兄さんお姉さんです。
午後の鼓隊演奏もバッチリなぞう組さんたちでした。

月見団子

2018-09-21
9月24日は十五夜。
パンダ組さんがみんなでお月見団子を作ってくれました。
コネコネコロコロ丸めて蒸し、小さな可愛いお団子が出来上がりました。
ススキや柿などと一緒に下駄箱の上に飾り、全員でお祈り。
十五夜は「農作物の収穫」「ものごとの結実」「先祖との繋がり」を連想してそれぞれに感謝し祈るようになったそうです。
みんなは、「風邪ひきませんように」「運動会頑張れますように」「バルーンが成功しますように」などお願いしていました。
そして、一人ひとつずつお団子をお味見!
お米の味がする美味しいお団子でした。
 

園外保育

2018-09-20
うさぎ組とりす組で、小幡公園へ園外保育に出かけました。
朝、ピンク色の大型バスが駐車場に移動してくると、みんな大喜び!
「今日はお出かけするんだよ!」とニコニコ笑顔で教えてくれました。
雨が心配でしたが、遊ぶ間は大丈夫だったそうで、広い公園で楽しく過ごせたようです。
 
年間行事
入園について
TOPへ戻る