群馬県富岡市の 学校法人榎本学園 なのかいちこども園 です。
本園は昭和初期、疎開児童の託児所として始まり、その後さつき保育園として地域のお子さんをお預かりし、昭和40年に学校教育法による群馬県の認可を受け、七日市幼稚園として再スタートをいたしました。
また、平成28年4月より幼保連携型認定こども園なのかいちこども園に移行いたしました。
親の就業や所得にかかわらずすべてのお子さんの受け入れが可能になりました。
 
『家庭的な暖かみのある園』『心の通いあう園』『面倒見の良い園』として子ども・園・家庭が三位一体となって、真に子どものための教育・保育を行っています。
 
平成29年度より0歳児(満10か月児)から入園が可能です。

トピックス

各クラブのご案内

ひよこっこクラブ
なのっちクラブ
のこのこクラブ
学童クラブ

今日のワンショット

 

七夕会

2018-07-06
1日早い七夕会。
各クラスで飾り付けた笹も綺麗に風に揺れていました。
明日の七夕は雨でしょうか…みんなのお願い事が届くと良いね!
 
梅雨が明けたら雨続きの毎日。
涼しいので、テラスでランチタイム。
美味しいお弁当、ありがとうございました!
 

プラネタリウム

2018-07-05
ぞう組さん、プラネタリウム鑑賞のため、みかぼみらい館へ出かけました。
涼しい館内で、七夕のお話と宇宙のお話を聞いてきたそうです。
宇宙のお話は、違う星に住むうさぎさんたちのラブストーリー仕立てで、子どもたちは見終わって「涙が出そうになっちゃった」と感動していたそうです。(子ども向けのお話でしたが、職員も泣きそうになったとか)
お昼も美味しいおにぎりを食べ、外でも思いっきり遊び、楽しく過ごせた一日となりました。

トンボ

2018-07-03
ビオトープには色々な生き物が生息しています。
ヒヨドリやハクセキレイが水浴びに来たり、タニシやメダカ、ヤゴなど。
トンボもよく飛んできて、卵を産んでいるようです。
飛んでいるトンボを見つけて、みんなで人差し指を立てて待っていると…とまった!
指先にトンボがとまっている子の、ちょっぴり得意げな表情がいいですね。

ボディペインティング

2018-07-02
朝から本当に暑かった!
パンダ組はみんなでボディペインティング。
最初はちょっと遠慮がちだった子も、みんなで楽しむうちに、あらら、身体中絵の具だらけ!
ひんやりした絵の具をお友達と付け合いっこしたり、自分の体に付けてみたり…。
赤色が多かったので、ちょっとびっくりするような顔になっている子もいました。

七夕飾り

2018-06-27
パンダ組さんが七夕飾りを作っていました。
折り紙の四角つなぎ。
最初は数枚をひとりでのりで貼り付け。
その次にお隣のお友達の四角つなぎと合体!
さらに隣のお友達と合体!して、ながーい四角つなぎとなりました。
「何枚になった?」「こっちのが長いよ」と比べっこしながら楽しそうです。
 
年間行事
入園について