本文へ移動
群馬県富岡市の 学校法人榎本学園 なのかいちこども園 です。
本園は昭和初期、疎開児童の託児所として始まり、その後さつき保育園として地域のお子さんをお預かりし、昭和40年に学校教育法による群馬県の認可を受け、七日市幼稚園として再スタートをいたしました。
また、平成28年4月より幼保連携型認定こども園なのかいちこども園に移行いたしました。
親の就業や所得にかかわらずすべてのお子さんの受け入れが可能になりました。
 
『家庭的な暖かみのある園』『心の通いあう園』『面倒見の良い園』として子ども・園・家庭が三位一体となって、真に子どものための教育・保育を行っています。
 
平成29年度より0歳児(満10か月児)から入園が可能です。

ご連絡

◆平成31年度学童クラブ申し込みについて
  11月1日(木)8:00受付
 ※募集定員に達したため、終了いたしました。

トピックス

各クラブのご案内

ひよこっこクラブ
なのっちクラブ
のこのこクラブ
学童クラブ

今日のワンショット

RSS(別ウィンドウで開きます) 

芝滑り&今日のパンダ組

2018-02-07
昨日のりす組芝滑りの様子。
滑り降りた斜面も、自分達でソリを運んで登って行くたくましさ…。
なので、おやつも大きいおせんべいです!
 
今日のパンダ組は素敵なものを制作中でした。
毛糸と段ボールを使って、段ボール編みです。
毛糸を互い違いになるようにくぐらせるのですが、ちょっと苦戦。
それでも夢中になって頑張る女子、飽きちゃうし上手くいかなくて「あーーー⤵︎」と叫ぶ男子。
人それぞれ個性の表れた作品になるかもしれません。

芝滑り(ぞう組)

2018-02-05
毎年恒例、そして子どもたちも楽しみにしている芝滑り!
今日はぞう組が出かけました。
最初は滑るコツがつかめず、斜面の途中で止まってしまう状態でしたが、何度も繰り返すうちにスピードが出るスリルを味わうまでになりました。
公園をお散歩中の方々にも「楽しそうねぇ〜」などと声をかけていただきました。
明日はりす組がチャレンジします。

積もりましたね。

2018-02-02
朝起きてビックリ!
こんなに積もるとは思いませんでしたね。
早くから出勤できた職員で雪かきを行なっていると、子どもたちが雪遊びを楽しみに登園し始め…、冷たくなってもほっぺが赤くなっても元気に雪の中を駆け回る子どもたちでした。

また雪です。

2018-02-01
昨日ぞう組さんが園庭に置いていった水入りのカップ、今朝の寒さではうっすらと凍っていたり凍ってなかったり…。
昨日まであんなに冷え込んでいたのに。
登園すると「氷になってるかな?!」と楽しみに覗き込んだ子どもたちも「あんまり凍ってないな」と残念そうでした。
なんで凍らなかったのかな?と聞くと「寒さが足りないから」「水が多すぎたから」「氷になる場所が他にあるから」などいろいろな答えが返ってきました。
なので、今日もリベンジです!
 
午後になると、チラチラと雪が舞ってきました。
部屋で遊んでいたうさぎ組さんたちが、かさじぞうさんに変身!
傘を持ってきてなかったからちょうど良かったね!と、頭に被って帰りました。
 

外遊び

2018-01-31
午後は暖かくなり、みんな外遊びを楽しんでいました。
泥団子作りを頑張っていたうさぎ組さん。
先生たちと出来上がりの比べっこ。
「せんせいのほうがじょうずだねぇ!」
「○○ちゃんのほうがまん丸で上手じゃない?」と褒められると、とっても嬉しそうに笑っていました。
 
ここのところカチカチに凍っているビオトープ。それを見て、自分たちでも氷を作れるか?と考えたぞう組さんたち。
水を入れたカップに折紙の飾りを入れて、自分で「ここなら氷になる」と予想した、園庭のいろいろな場所に置いて帰りました。
さて、明日は氷になっているのか、場所によって硬さは違うのか…結果が楽しみです。
 
年間行事
入園について
TOPへ戻る