本文へ移動
学校法人榎本学園
幼保連携型 認定こども園
なのかいちこども園
〒370-2343
群馬県富岡市七日市1074-15
TEL.0274-62-4230
FAX.0274-62-4581

────────────────
・こども園
・学童クラブ
────────────────
0
9
9
2
2
7

つぶやき

2008年

2008年3月 母子草3月号より(手本)

2008年3月

 園長だよりで「習慣」のことに触れましたが、決して良いことだけが習慣ではありません。悪いことも習慣になりえます。毎日の生活は、子どもたちのお手本になっていると自信を持てますでしょうか?私なんぞは、疑問も残りますが、常に子どもの前ではどのように映るか?意識しているのは仕事柄でしょうか。
 
 手本とは、無言で教え導く名教師だ。ことわざや格言も、確かにわれわれの進むべき道を示してはくれる。だが実際に人間を導くのは、ものをいわぬ無数の手本であり、生活をとりまく現実の模範なのだ。(中略)人は誰でも、多かれ少なかれ、耳より目を通して物事を学ぶ。現実に見たものは、それがどんなにささいなものであっても、単に読んだり聞いたりしたものよりははるかに印象が深い。特に幼少時代にはこの傾向が強く、「目は知識の専用の入り口だ」といっても過言ではない。子供は、見たことを何でも無意識に模倣する。昆虫の体が、常食にしている草の色に似るように、子供もいつの間にか周囲の人間と似かよってくる。家庭教育が重要だといわれるゆえんはそこにある。(サミュエル・スマイルズ著の自助論)
 
 あいさつはほんの一例でしかない。私自身完璧かと言われればまったくもって自信は無いが、わが子の心に一生刻まれるすばらしい親(手本)としての何かを残したいと思っています。
 
 「子供のころ母さんから教えこまれた誠実さや道徳心という美徳を、いまでも決して忘れません。とくに、他人のために何かしてあげようとするとき、母さん譲りの美徳を感じずにはいられないのです」と慈善事業家のファウエル・バクストンは、立身出世を果たしてからも母親宛の手紙に書いたそうです。
(園長)
TOPへ戻る