本文へ移動
学校法人榎本学園
幼保連携型 認定こども園
なのかいちこども園
〒370-2343
群馬県富岡市七日市1074-15
TEL.0274-62-4230
FAX.0274-62-4581

────────────────
・こども園
・学童クラブ
────────────────
2
2
2
6
8
7

つぶやき

つぶやき

2015年

杉木先生おめでとう!(今頃)

 本当に今頃のアップ。ごめんなさい。
杉木先生の結婚式の写真です。ロックハート城での素敵な挙式でした。
披露宴で職員は余興として、杉木先生の大好きな関ジャニの曲でお祝いしましたよ。
退職後もちょこちょこ園に遊びに来ては子どもたちと遊んでいったり、時には仕事をしていってくれたり・・・。いつまでも頼りになる杉木先生です。今度はいつ来るかな~?

Happy Wedding!

2015.02.07
昨年3月までご勤務いただいた宇津巻先生がご結婚されました。
相変わらずか~わいい❤
なんといっても癒し系でいつも笑顔がステキな先生でした。
消防士のご主人様を、いつまでも変わらない宇津巻先生らしさで支え、幸せなご家庭を築いてほしいと思います。
お幸せに!

お誕生日おめでとうございます!

 今日は清水先生の○暦のお誕生日です!とても○歳とは思えない若さです。
職員の優しいお母さん的存在の清水先生。お祝いの冠?で素敵な笑顔です。

2014年

RSS(別ウィンドウで開きます) 

打ち合わせ中

2014-12-18
今日は21日のおゆうぎ会に向けて職員会議。そのあと学年ごとの打ち合わせをしている様子です。会議中も意見を出し合ったり、時には話が脱線して笑いあったりと、チームワークの良いところが「チームなのっち」の力だと思います。
明日は荷物の最終チェックと積み込み作業。頑張ります。

ご無沙汰しております。

2014-12-02
久しぶりに更新してみました。
毎日の子どもたち、園の様子はFBに載せており、こちらは自動的にホームページにもアップされるようになっています。
こちらのブログは・・・同じようではつまらないので七日市幼稚園ウラネタにしようと当初考えていて6月からそのままに。
突如「ブログの存在!」と思いつき今日の更新に至りました。
 
今日はなんと、なのっちNEWパーカーのデザインを担当したM先生のお誕生日です。
いつも細かいところによく気が付き遅くまで仕事をしてくれる、本当に頼りになる青年です。
お誕生日ということで、職員から「早く帰って」と言われ帰宅しましたが。
今夜は奥様の手料理でパーティーかな❤おめでとう!
 
 

富岡高校1年生実習の感想を少し・・・

2014-06-18
■子どもの様子
・いろいろな子がいてどう接すればいいのか工夫した。
・感情表現がとても豊かだった。
・みんな元気!みんな笑顔!みんな活発!みんな積極的!
■施設で工夫されていると思ったこと
・硬そうに見えるコンクリートが実はやわらかかった。
・子どもの体のサイズに合わせている。(便器のサイズ・蛇口位置など)
・きれいで清潔に保たれており、転んでも大丈夫なようにとがったもの、角ばっているものが少ない。
■先生が子どもたちに対する接し方を見て気づいたこと
・とても優しく接していて悪いことをしている子がいればしっかりと注意していた。
・ゆっくりと子どもが理解できるように話し、強張った表情を一度もしなかった。
・子どもと目線を合わせて優しく簡単に言葉を使っていた。
・自分でできることは自分でするように優しさと厳しさで接していた。
・誰に対しても優しく、仕事ではありますが自分の子どものように接している姿はすばらしかった。
■全体の感想
・中学校の時に一回体験しましたが、その時には感じることのできなかったことを感じることが出来ました。仕事を体験するということはとてもいいことだと思うし、やらなければ気づけないこともあるのだと思いました。
・この実習を通して、とても子どもが可愛いと改めて思いました。とても貴重な経験ができました。
・自分も3歳のいとこがいるので今日学んだことをふまえ接したい。3歳にもなると一人で色々とできるなと思った。
・みんなかわいかった!
 
 富岡高校の皆さん、ありがとうございました。
子どもたちも職員も楽しいひと時を過ごすことができました。
良いパパになってくださいね♪  
 

Happy Wedding!

2014-06-09
 6月7日は浦野先生(旧姓茂木)の結婚式でした。
若くてフレッシュな新婚さんですが、落ち着いていてしっかりとしたお二人なので、お式もゆったりと大人の雰囲気でした。
本当に感動的な結婚式でしたので、クライマックスで泣きすぎた私です・・・。
いつまでもいつまでもお幸せに❤ おめでとうございます!     (榎本)

2013年

RSS(別ウィンドウで開きます) 

Happy wedding!

2013-12-17
 12月15日に月田先生がご結婚されました。
と~っても美しい花嫁さんでしたよ。
幼稚園の職員の間で月田先生は、よく食べてよく笑う可愛い太陽のような存在。
いつまでもお二人に笑顔いっぱいの幸せが訪れますように・・・。
ご結婚おめでとうございます!
 

2012年

2012年12月 母子草編集後記(良き場所となるように)

2012年12月

 月刊「致知」11月号の巻頭言に伊與田覺氏が論語の「性(せい)、相(あい)近(ちか)きなり 習(ならい)、相(あい)遠(とお)きなり」という言葉を取り上げていました。もともと人間一人ひとりに大きな違いがあるわけではなく、誰もが相近きものです。しかしながら、躾(しつけ)や教育によって身についた習慣により、人間的に大きな差がついてくるものだという教えだそうです。
 
 また、「教育の場には、家庭、学校、社会(会社)の三つがあります。よい家庭に育った子どもは自ずと立派な人間に育ち、よい校風をもつ学校に入ると問題を抱えた生徒もいつの間にかよくなり、よい社風の会社に入ると意識せずして立派な人材に成長します。国にも国風があります。よい家庭、よい校風、よい社風によって日本人一人ひとりが立派に育てば、世の中がよくなり、立派な国風が形成されていきます。」ともあります。
 
 何度か習慣のことは取り上げており毎回納得をしつつわが家庭の生活習慣を振り返り反省をしているところです。ここで取り上げるのも少しはわがことを棚に上げないとならない訳です。
 
 それぞれの人が全く同じではないということは文面からもわかりますが、世の中全体や公共性を考えると個を認めつつも、よい社会をつくるためにはそれぞれするべきことがありますよね。よき家庭よい園となりたいと願います。(園長)

2011年

2011年10月 母子草編集後記(子育てしながらも自ら育つ)

2011年10月

アメリカに質の高い幼児教育を受けた人たちとそうでない人たちのその後の将来を追ったペリープリスクール研究というのがある。いくつかのデータを紹介します。
 
調査項目 参加 不参加
 14歳時学校生活を充実させている。 61% 38%
 高校を卒業。 65% 45%
 40歳時に2万米ドルの収入がある。 60% 40%
 40歳までに5回以上の逮捕歴がある。 36% 55%
 
 ご覧のとおり比率の問題ですが差がはっきりわかります。この結果から子どもたちへの教育投資が安全で確実なものであり、将来の社会にすぐれた便益をもたらすということが導きだされています。しかし、完璧ではありませんね。◆森信三氏は、人間ができあがる要素に「血(血統)、育ち、教え」の三つを挙げています。特に血と育ちが重要だといっています。どうしてもこの血や育ちから人間のアクというものが根深く影響をしているといいます。そしてこれを懸命の覚悟で除去しなければと教えています。◆ここにこの数字をより完璧に近づける答えがあるように思います。血統や育ちからくるアクを除去するには相当の信念と覚悟そして修養が必要ですね。森氏曰く一生かけてするものだと。子育てしながら自らも育つ。(園長)

2010年

2010年10月 母子草編集後記(Twitter)

2010年10月

 Twitter(ツイッター)をホームページとブログにリンクさせました。Twitterは、個々のユーザーが「ツイート」と呼称される短文(ひとりごと)を投稿し、ゆるいつながりが発生するコミュニケーション・サービスです。「ツイート(Tweets)」は、英語で「鳥のさえずり」の意味で、日本では「つぶやき」と意訳され定着しているものです。
 
 必要かどうかを問われれば必ず必要というものではありませんが、私は最近良く活用しています。自分自身がつぶやくというより、もっぱら、政治家や学者など著名人が発する最新の情報を入手しています。マスコミの報道を客観的に分析するのにも役立っています。
 
 幼稚園での活用方法は未知数ですが、しばらく運用してみたいと思います。しかし、仕事、プライベートも境のない世界なのでその点は難しいかもしれません。たぶん活用されている方はご理解いただけると思います。
 
 最近は、園庭から携帯電話を使ってその場で写真をアップしたりしていますので、園外保育などにパソコンを持っていかなくても携帯電話がつながる場所であれば情報発信ができます。ということでしばらくつぶやいてみたいと思いますので、興味のある方は、アクセスしてみてください。携帯電話でも利用できます。(園長)
 

2009年

2009年10月 母子草10月号より(自分にしかない役割)

2009年10月
 
 最近、青年会議所活動をしている仲間を失いました。36歳という若さでありました。急なことでとても驚きましたし、2週間ほど前に頑張っている姿を見ていたので何とも・・・。そして、数日前には癌と戦っている同じ志をもった二人の仲間と出会う機会を得ました。二人とも仕事も青年会議所活動もしっかり続けておりそのお話を聞いて、自分自身を振りかえる機会をいただいたと思います。自分自身に「お前もこの仲間のようにしっかり生きているか?」と問いました。
 
 夏の関東地区研修会で聴いた「千の風にのって」の作曲者である新井満さんの「命の三つの意味」という話を思い出しました。一つ目は、必ず死ぬ。二つ目は役割を果たすために生まれてくる。三つ目は、生きなければならない。当たり前のことと思われる方もいるかと思いますが、それぞれの役割を果たすということが大切だと思います。
 
 101歳で9月に亡くなられた禅僧松原泰道さんは、仏教の真髄は?との問いに「上求(じょうぐ)菩提(ぼだい) 下化(げけ)衆生(しゅじょう)」とお答えになったそうです。上求菩提は、自己の人間性を向上させること、下化衆生は人のために尽くすことという意味です。
 
 園長として僧侶として親として地域に生きる人間としての役割をいろいろ考えますが、基本は「上求菩提 下化衆生」でいきたいと思います。今月はちょっと重たい話になってしまいましたが、自分にしかない役割、時には真剣に考えてみるのも必要なことだと思います。
(園長)

2008年

2008年11月 母子草11月号より(結婚式)

2008年11月

 過日、知人の結婚式に参加しました。私と同じ学年であるから年齢的には遅い方でしょうか。しかし、年齢などは関係なく結婚式はいいものだとつくづく思います。8月には、以前勤務いただいていたI先生の結婚式にもお招きをいただきました。結婚式が好きな理由は、けじめをつける日だからだと考えています。育てていただいた両親、結婚相手の親、お世話になった方々へのけじめの日なのだと思います。そのけじめをどのように表現し、おもてなしをし、言葉に表すのかが、披露宴の内容や御礼の言葉に表れているからだと思います。
 
◆『善生経』では親の子に対する一般的な義務として(1)悪から遠ざける(2)善に入らしめる(3)技能を習学させる(4)適当な妻(似合いの)を迎える(5)適当な時期に相続をする。と五つ方法で子どもを愛するとしています。
 
◆『近代ヨーロッパ社会では、まだ子女の配偶者を親が配慮することもあるが、次第に子女自身が見つけるという傾向が増大している。(中略)しかし子女の結婚を親がそれとなく気遣うという傾向は決してなくならない。原始仏教の時代から現代の機械文明の時代に至るまで親たちの心がまえは変わらないで、ただそれの具現のしかたが異なって来ているだけなのである。』(<東洋>の倫理 中村元著 春秋社)は納得。
 
◆いづれにしても子のけじめの日に親として尊敬が得られるかどうかが問題なので、日々の親の役割をしっかりとつとめていかなければいけませんね。もう一つ結婚式の好きな理由を忘れていました。懐かしい人と再会ができ、楽しくお○がいただけることも、大きな理由ですね。
(園長)

2007年

2007年7月 母子草編集後記より(他力による自己革新)

2007年7月

 先日、久しぶりにある尊敬する(あこがれている)先輩に会うことが出来た。会合が終わっての帰り道、様々な話を聞かせていただいた。おまけに「私の部屋で一杯ビールでもやらないか?」とお誘いを受け30分ぐらい様々なお話を伺った。その方の年齢は、46歳、実にさわやかで偉ぶらない態度は常に紳士的である。どこかの園長とは似ても似つかない。今でも英語の勉強をされていると伺った。「まだまだ、このまま終わりたくないよな~」と一言。
 
◆教育者でもあり哲学者でもあった森信三先生は、独行の道よりも先輩なり指導者なりを持つことをすすめています。その理由として、「困っている具体的な細かい点に指導を受けることができることと、独力でやっていく人は、どこか人間が窮屈で、その人柄の上に、ゆとりとか、ひろやかさというものが欠けやすい。」とのこと。
 
◆幸田露伴の「努力論」の中にも、「さほど能力のあった人とも見えなかった人が、ある他の人に随身して数年を経たかと思う中に、意外にその人が能力ある人になって頭角を出して来るというのがある。」これを他力による自己革新というそうです。少し意味合いは違うかもしれませんが、よき師を持つことが良い結果につながるということだと思います。
 
◆おそらく、誰にも平等に出会いがあると思いますが、それをつかんで活かせるかどうかは本人次第ですね。そこまで他人には頼れないですね・・・。(園長)

2006年

2006年9月 母子草編集後記より(美しい国へを読んで)

2006年9月
 
 一ヶ月ほど前、書店に目立つ場所に並んでいる「美しい国へ」(文春新書)という本を購入した。次期首相・自民党総裁の呼び声高い安倍官房長官が著者だ。今注目の人がどのような考えを持っているのか?興味を引いた。
 
 安倍官房長官というとどうしても北朝鮮拉致問題や国防のことのイメージが強いが、少子化や子育てについての考えを是非知りたかった。以下抜粋であります。
 
 『従来の少子化対策についての議論を見て感じることは、子どもを育てることの喜び、家族をもつことの素晴らしさといった視点が抜け落ちていたのではないか、ということだ。私の中では、子どもを産み育てることの損得を超えた価値を忘れてはならないという意識がさらに強くなってきている。』
 
 『家族を持つことはすばらしい、と自然に思えるような気持ちを育んでいくことが大切である。そのためには、家族の価値の大切さを訴えていかなければならないと思っている。父と母だけではなく、祖父や祖母と一緒になって子どもを育てる環境ができるよう、税制等の検討をしていきたい。』
 
 『家族のかたちは、理想どおりにはいかない。それでも、「お父さんとお母さんと子どもがいて、おじいちゃんもおばあちゃんも含めてみんな家族だ」という家族観と、「そういう家族が仲良く暮らすのが一番の幸せだ」という価値観は、守り続けていくべきだと思う。』
 
 大いに賛成できる考えでありました。我が家もこの春より三世代同居で賑やかな生活がスタートしました。生き様でこうした価値観や家族観を守っていきたいと思いますが・・・。ネックは自分かな?(園長)

2005年

2005年12月 母子草編集後記より(遊びをせんとや生まれけむ)

2005年12月
 
たまたま最近開いた二冊の本に同じ歌が載っていました。十二世紀の梁塵秘抄(後白河法皇編著)のなかに編まれている歌です。
 
 
 遊びをせんとや生まれけむ
 
 戯れせんとやうまれけむ
 
 遊ぶ子どもの声聞けば
 
 わが身さえこそ揺る(動る)がるれ
 
 
技巧的な遊びや踊りでないからこそ、それは大人の心をとらえ、魂を動るがすのである。
(日本人の信仰心 磯部忠正著)
 
わが身までゆり動かされるのはなぜか。それはわれわれ自身の中にも遊びへの強い要求と感情があり、それが子どもの声をによって強い共感へとかりたてられるからです。(幼児期 岡本夏木著)
 
 
12月10日おゆうぎ会当日 皆さんを揺り動かすのは、子どもたちの遊び心?
生命の躍動? 生きる力? 当日をお楽しみに。
 
(園長)

2004年

2004年5月 母子草(園だより)編集後記より(本物の言葉)

2004年5月
 
 何と四月の誕生日会で年中の男の子が、将来何になりたいか?という質問に「園長先生」と答えた。私もビックリしたが嬉しかった。また、年長の男の子の個人記録ノートに、同じように園長先生になるという家族の会話が記入してあるのを担任が見せてくれた。「最近、園長はちょっと人気があるな」と言ったら職員が笑っていた。
 
★プロジェクトXのチーフプロデューサー今井彰氏の講演録をいただいた。この番組は、非常に地味な登場人物、一つのプロジェクトに人生を捧げた人たちを取り上げた内容であるが、人気番組である。番組同様、仕事に向かう意欲やエネルギーをいただくと共に、やらなければならないのだ、という気持ちになった。
 
★今井氏は、「リーダーたちの言葉」という本を出した理由を、本当の言葉を書きたかったと語っています。プロジェクトに携わっていた人、それからその時代を真摯に生きた人というのは、自分の言葉を身につけている。そういう言葉が若い人たちに敏感に受け止められたんだそうです。
 
★私もいつかそんな本物の言葉を話せるように、園長という仕事の一道を一生懸命歩いていきたい。「園長先生になりたい」という子どもの一言は本当に嬉しかった。最後に、プロジェクトXに込められた一言をご紹介します。
 
“思いはかなう。努力する人間を運命は裏切らない。逆境の中でも道は切り開ける。思いはかなう”
(園長)

2003年

2003年10月 母子草10月号並びに群私幼125号編集後記より

2003年10月
 
 歩いた!歩いた!とにかく歩いた!(あるイベントで)甘楽町から富岡市を通り妙義町まで二十数キロ。翌日は、下仁田町を通り南牧村まで二十キロ弱、総距離は四十キロを越えた。連日、秋雨前線のおかげか日頃の行いの良さか、雨また雨。ビッショリ濡れた靴に水がたまりなんとも言えない感触。ウインドブレカーにカッパを装備するも、シャツまでびっしょりで、寒さとも長い道のりの間お付き合いとなった。
 
 ともに歩くメンバーは小学生七名、高校生三名、巨漢の大人二名のグループ(全体では五グループ)。同じグループの同級生の同伴者は一日目に足を痛めて途中棄権。楽しい会話を弾ませ、道草をしながら進む小学生と、とにかく完歩を目指し腰痛と戦いながら真顔で歩く小生との違いといったら…。情けない限りである。
 
 ちょっとそこまでと、車を走らせる時代に、小学生も握飯のみ持って「歩く」ということを通して何らかを感じ取ったと思う。また、高校生と一緒に過ごす時間も相当楽しかった様子だった。ゴールは、一日離れていた両親との対面でもあり、感動的であった。
 
 その後の反省会(小生の得意分野)では、大人たちがこの事業について熱い議論を交わしていた。「子どもと一緒の事業って良いよね!」どこからか聞こえてきた。本当にその通りである。子どもの歓声と笑顔、時には泣きっ面もあるが、毎日子どもたちに囲まれているこの職場は、最高なのである。

2001年

2001年10月「独りの力」

2001年10月
 
「独りの力」
 
ニューヨーク テロの惨劇みなさんはどんな受け止め方をしたでしょうか?
 
テロ  アメリカ合衆国  宗教  ボランティア  愛国心  軍事  報復攻撃
 
日本の対応などなど みなさんも様々なことを考えたことと思います。
 
自分と言う存在が、この地域、この国、地球の人として何ができるのか?
 
 
次の言葉を思い浮かべます。
 
 
-独りの力-
 
 今一番必要なのは、独りの力である。独り独りが、真剣に、どうしたらかつてない、この国の難儀を克服し、突破できるかを考えることである。
 
 衆を頼まず、衆に左右されず、独り独りが考えることである。それができたら、日本は救われる。できなかったら自滅する。(坂村真民)
 
 
この国の難儀も、世界の難儀も 独りの力から
 
たった独りの力で変えられる。

2000年

2000年10月 感動していますか 熱くなっていますか?

2000年10月
 
「感動していますか?熱くなっていますか?」
 
 運動会をご覧いただき子どもの成長を感じたりまた驚かせられたり、笑顔を見てうれしくなったり、様々な想いを抱かれたことと思います。そして何より感動をしていただいたのではないでしょうか?
 
 私は、運動会やまた運動会の練習を通して感じたことがあります。私は幸せ者だということです。毎日毎日子供たちにあの感動を授けられているということです。毎日数時間ご家庭から大切なお子さんをお預かりし、子どもたちから感動を授けられる。本当にこんなありがたいことはないとあらためて感じました。
 
 学生時代とサラリーマン時代にやっていたラグビー。もう辞めてから6年が経ちます。最近、ある人にラグビーやりたくないですか?と尋ねられた。やりたくないと言ったら嘘になりますが、今はやろうとは思わないと答えました。
 
 ラグビーにのめり込んでいたころ思い返しみると、勝負の勝ち負けやみんなで男泣きしたこと大騒ぎしたこと、振り返れば楽しい思い出ばかり頭の中を過ぎります。何であんなに楽しかったのだろうか?
 
 それはみんな一生懸命・本気だったのだろう・・・
 
 確かにあの感動をもう一度ラグビーをやることによって得られるのならもう一度やってみたい思いもありますが、みなさんもご存知のとおり、この体型になってしまったらね・・・
 
 しかし、今私にはラグビーをやらなくても、感動を授けてくれる子供たちがたくさんいる。そして、私の考えを理解してくれ文句一つ言わず苦労を共にしてくれる職員のみんながいる。そしてその周りを力強く支えてくれる保護者の皆さんがいる。これ以上何を望もうか?
 
 本当に皆さんに感謝である。
 
 この時期幼稚園にとっては、一年で一番重要な時期。来年度の新入園児募集結果がでる。今年はある思いがあって募集のポスターを枚数を限り園周辺に限って掲示をした。結果は、ほぼ出た。
また来年も多くの子どもたちと新学期を迎えられることができる。これまた、皆さんに感謝である。
 
 
 みなさん、仕事・子育て感動していますか?熱くなっていますか?
 
 
 明日は、学生時代ラグビー部同期の結婚式。試合の前に歌った大切な歌を、久しぶりにみんなで歌う。どんな思いが駆け巡るだろうか?
TOPへ戻る