本文へ移動
群馬県富岡市の 学校法人榎本学園 なのかいちこども園 です。
本園は昭和初期、疎開児童の託児所として始まり、その後さつき保育園として地域のお子さんをお預かりし、昭和40年に学校教育法による群馬県の認可を受け、七日市幼稚園として再スタートをいたしました。
また、平成28年4月より幼保連携型認定こども園なのかいちこども園に移行いたしました。
親の就業や所得にかかわらずすべてのお子さんの受け入れが可能になりました。
 
『家庭的な暖かみのある園』『心の通いあう園』『面倒見の良い園』として子ども・園・家庭が三位一体となって、真に子どものための教育・保育を行っています。
 
平成29年度より0歳児(満10か月児)から入園が可能です。

ご連絡

トピックス

各クラブのご案内

ひよこっこクラブ
なのっちクラブ
のこのこクラブ
学童クラブ

今日のワンショット

RSS(別ウィンドウで開きます) 

お天気の良い日は…

2019-05-24
夏の空のように青空が広がった今日は、パンダ組さんはおにぎり弁当を持ってもみじ平公園へ!
遊具で遊んだり、木陰でおにぎりを食べゴロゴロとお昼休みをして、のんびり楽しく遊んできたようです。
今日はお昼頃に地震がありましたが、パンダ組さんは、園外保育に出かけた際に起きた地震を想定した避難訓練もできました。
ぞう組さんはメロディオン講習の後、園庭でうさぎ組さんと一緒にランチ!
外での活動が気持ち良い一日でした!

ぞう組園外保育(小幡公園)

2019-05-20

さつまいもの苗植え

2019-05-17
みんなで畑に行って、さつまいもの苗を植えました。
ことり組さんもりす組さんも、畑の中をよろよろと歩きながらも頑張りましたよ!
お水もあげて、優しく土のお布団かけて完了!
美味しいさつまいもが収穫できると良いなぁ…。
 
隣のジャガイモも立派に育っています!

朝の活動

2019-05-17
今日はことり組さん以外のみんなで集まって朝礼を行いました。
園長の話の後は、みんなで「ぺったんこゲーム」をして遊びました。
2人組になって、背中やほっぺた、足の裏などをぺったんこする遊び、見ているこちらも可愛らしい姿に笑顔がこぼれました。

降矢なな絵本原画展

2019-05-14
ぞう組さんは、富岡市立美術館で開催されている、降矢ななさんの絵本原画展に出かけました。
子どもたちも、大好きな絵本の原画を見ることができて、さらに心の中に残る思い出になることでしょう。
個人的に、「めっきらもっきらどおんどん」は、子ども向けの色調ではないような、深みと渋さがあって引き込まれるような色使いが魅力的に感じ、自分の子どもにもよく読んであげた記憶があります。
 
年間行事
入園について
TOPへ戻る