本文へ移動
群馬県富岡市の 学校法人榎本学園 なのかいちこども園 です。
本園は昭和初期、疎開児童の託児所として始まり、その後さつき保育園として地域のお子さんをお預かりし、昭和40年に学校教育法による群馬県の認可を受け、七日市幼稚園として再スタートをいたしました。
また、平成28年4月より幼保連携型認定こども園なのかいちこども園に移行いたしました。
親の就業や所得にかかわらずすべてのお子さんの受け入れが可能になりました。
 
『家庭的な暖かみのある園』『心の通いあう園』『面倒見の良い園』として子ども・園・家庭が三位一体となって、真に子どものための教育・保育を行っています。
 
平成29年度より0歳児(満10か月児)から入園が可能です。

ご連絡

 
 

トピックス

各クラブのご案内

ひよこっこクラブ
なのっちクラブ
のこのこクラブ
学童クラブ

今日のワンショット

RSS(別ウィンドウで開きます) 

お別れ会

2019-02-22
ぞう組さんとのお別れ会。
3学期に入ってからぞう組さんみんなで相談して作り上げた、お別れ会の出し物。
ぞう組神社と出店、ねこのピートのお話。
どれもとても良くできていて、小さい組の子どもたちも楽しめました。
みんなでおにぎりを食べ、ダンスをして、手づくりプレゼントの交換をして…。
思い出に残る一日となりました。
卒園まで残り少ないですが、ぞう組のみんなが毎日元気に登園できますように!

芝滑り

2019-02-21
芝滑り第2弾はうさぎ組。
ちゃんと順番を守ったり、約束事を守って遊べるかな?と考えていた先生たち。
きちんとお約束を守って、楽しく芝滑りができました。
みんなたくさん滑れて満足だったようです。

魚の日

2019-02-19
ぞう組さん、魚の日でした。
みんなでししゃもを焼いて頭からガブリ!といただきました。
ししゃも、好きだよ〜!という子もいれば、食べたことない!という子も…。
魚を自分で触って、網の上に乗せて、ひっくり返して、美味しく焼けるのを待ちました。
お腹には卵がいっぱい!
命をいただくありがたさを話しながら、みんなで「いただきます」「ごちそうさまでした」
香ばしく焼けたししゃもの美味しさ!
お迎えの帰りに買ってもらおう!とみんな相談していましたよ!

芝滑り(パンダ・りす編)

2019-02-18
毎年この時期恒例の、芝滑り。
第一陣はパンダ組とりす組。
お天気も良く暖かくなったので、たくさん遊べました!

お別れ遠足

2019-02-14
みんなが楽しみにしていた、お別れ遠足!
お天気で良かった〜!
今回はウォーキングサファリゾーンをゆっくりと歩いて楽しみました。
お笑い芸人のようなお猿さんを見て大爆笑したり、ダチョウにビクビクしながら小道を抜けたり、亀を探したり…。
たくさん歩いたのでお腹もぺこぺこ、おにぎりもおやつも美味しくいただきました。
 
年間行事
入園について
TOPへ戻る