本文へ移動
群馬県富岡市の 学校法人榎本学園 なのかいちこども園 です。
本園は昭和初期、疎開児童の託児所として始まり、その後さつき保育園として地域のお子さんをお預かりし、昭和40年に学校教育法による群馬県の認可を受け、七日市幼稚園として再スタートをいたしました。
また、平成28年4月より幼保連携型認定こども園なのかいちこども園に移行いたしました。
親の就業や所得にかかわらずすべてのお子さんの受け入れが可能になりました。
 
『家庭的な暖かみのある園』『心の通いあう園』『面倒見の良い園』として子ども・園・家庭が三位一体となって、真に子どものための教育・保育を行っています。
 
平成29年度より0歳児(満10か月児)から入園が可能です。

ご連絡

 
 

トピックス

各クラブのご案内

ひよこっこクラブ
なのっちクラブ
のこのこクラブ
学童クラブ

今日のワンショット

RSS(別ウィンドウで開きます) 

しゅっしゅっぽっぽ

2018-01-30
ことり組さんがお部屋で電車ごっこをしていました。
みんなつながって、かわいい声で「しゅっしゅっぽっぽ!」
とっても微笑ましい光景でした。
 
インフルエンザ罹患者が増えそうな予感です。
現在2名おりますが、明日になるとさらに増えるかもしれません。
体調管理に気をつけていただき、登園は無理のないようにお願いいたします。

人形劇を楽しみました。

2018-01-29
楽しみにしていた人形劇の日。
毎年来ていただいている劇団バクさんの『花さかじいさん』
手遊びあり、歌あり、楽しいお話あり、であっという間に時間が過ぎてしまいました。
いつも思いますが、セットも綺麗で場面転換も素晴らしいと思います。
子どもたちも笑ったり真剣な表情で見入っていたり、お話に引き込まれていたようです。
来年は何のお話かな?

スケートリンク

2018-01-26
あまりの冷え込みに、ビオトープがカチンコチンに凍ってしまいました。
「すごい氷になってるけど、乗っても大丈夫かなぁ」と恐る恐る氷の上に足を下ろし、「あ!割れないよ!」とビオトープの真ん中まで歩けてしまいました。
どんどん子どもたちが集まってきて、そんなに乗って大丈夫かい?と職員も心配しましたが、今日の氷は負けずに厚かった!
天然のスケートリンクの出来上がりでした。

寒い一日

2018-01-25
今日は本当に冷えましたね。
ビオトープの氷も3cmほどの厚さで、子どもたちもびっくり!
寒くても子どもたちは外に飛び出してきて、元気いっぱい遊びます。
今日は園庭の真ん中で中当てが始まり、うさぎ組からぞう組まで仲良く楽しんでいました。
異年齢で関わることはお互いの成長にプラスになりますので、このような簡単な遊びを展開していきたいと思います。
 
ホールでは一日入園。来年度は元気いっぱいで賑やかな子どもたちと過ごせそうです。

雪のあとは…

2018-01-24
昨日の暖かさで園庭も道路の雪もだいぶ溶けましたが、日陰に残った雪がカチカチに凍って残っていました。
職員がシャベルで凍って固まった部分を欠いていると、男の子たちが「手伝うよ!おれもやる!」と仲間入り。
一生懸命シャベルで叩いたり、一輪車まで運んだり、とても助かりました。
みんなのおかげで、日陰に残った雪も早くなくなりそうです。
 
年間行事
入園について
TOPへ戻る