学校法人榎本学園 認定こども園なのかいちこども園|榎本学園学童クラブ|群馬県富岡市|認定こども園幼保連携型 

201304111858423502.jpg
学校法人榎本学園
なのかいちこども園
〒370-2343
群馬県富岡市七日市1074-15
TEL.0274-62-4230
FAX.0274-62-4581

────────────────
・こども園
・学童クラブ
────────────────
 

つぶやき

 

つぶやき

つぶやき
 

2015年

2015年
 
杉木先生おめでとう!(今頃)
 本当に今頃のアップ。ごめんなさい。
杉木先生の結婚式の写真です。ロックハート城での素敵な挙式でした。
披露宴で職員は余興として、杉木先生の大好きな関ジャニの曲でお祝いしましたよ。
退職後もちょこちょこ園に遊びに来ては子どもたちと遊んでいったり、時には仕事をしていってくれたり・・・。いつまでも頼りになる杉木先生です。今度はいつ来るかな~?
 
Happy Wedding!
2015.02.07
昨年3月までご勤務いただいた宇津巻先生がご結婚されました。
相変わらずか~わいい❤
なんといっても癒し系でいつも笑顔がステキな先生でした。
消防士のご主人様を、いつまでも変わらない宇津巻先生らしさで支え、幸せなご家庭を築いてほしいと思います。
お幸せに!
 
お誕生日おめでとうございます!
 今日は清水先生の○暦のお誕生日です!とても○歳とは思えない若さです。
職員の優しいお母さん的存在の清水先生。お祝いの冠?で素敵な笑顔です。
 

2014年

2014年
フォーム
 
打ち合わせ中
2014-12-18
今日は21日のおゆうぎ会に向けて職員会議。そのあと学年ごとの打ち合わせをしている様子です。会議中も意見を出し合ったり、時には話が脱線して笑いあったりと、チームワークの良いところが「チームなのっち」の力だと思います。
明日は荷物の最終チェックと積み込み作業。頑張ります。
 
ご無沙汰しております。
2014-12-02
久しぶりに更新してみました。
毎日の子どもたち、園の様子はFBに載せており、こちらは自動的にホームページにもアップされるようになっています。
こちらのブログは・・・同じようではつまらないので七日市幼稚園ウラネタにしようと当初考えていて6月からそのままに。
突如「ブログの存在!」と思いつき今日の更新に至りました。
 
今日はなんと、なのっちNEWパーカーのデザインを担当したM先生のお誕生日です。
いつも細かいところによく気が付き遅くまで仕事をしてくれる、本当に頼りになる青年です。
お誕生日ということで、職員から「早く帰って」と言われ帰宅しましたが。
今夜は奥様の手料理でパーティーかな❤おめでとう!
 
 
 
富岡高校1年生実習の感想を少し・・・
2014-06-18
■子どもの様子
・いろいろな子がいてどう接すればいいのか工夫した。
・感情表現がとても豊かだった。
・みんな元気!みんな笑顔!みんな活発!みんな積極的!
■施設で工夫されていると思ったこと
・硬そうに見えるコンクリートが実はやわらかかった。
・子どもの体のサイズに合わせている。(便器のサイズ・蛇口位置など)
・きれいで清潔に保たれており、転んでも大丈夫なようにとがったもの、角ばっているものが少ない。
■先生が子どもたちに対する接し方を見て気づいたこと
・とても優しく接していて悪いことをしている子がいればしっかりと注意していた。
・ゆっくりと子どもが理解できるように話し、強張った表情を一度もしなかった。
・子どもと目線を合わせて優しく簡単に言葉を使っていた。
・自分でできることは自分でするように優しさと厳しさで接していた。
・誰に対しても優しく、仕事ではありますが自分の子どものように接している姿はすばらしかった。
■全体の感想
・中学校の時に一回体験しましたが、その時には感じることのできなかったことを感じることが出来ました。仕事を体験するということはとてもいいことだと思うし、やらなければ気づけないこともあるのだと思いました。
・この実習を通して、とても子どもが可愛いと改めて思いました。とても貴重な経験ができました。
・自分も3歳のいとこがいるので今日学んだことをふまえ接したい。3歳にもなると一人で色々とできるなと思った。
・みんなかわいかった!
 
 富岡高校の皆さん、ありがとうございました。
子どもたちも職員も楽しいひと時を過ごすことができました。
良いパパになってくださいね♪  
 
 
Happy Wedding!
2014-06-09
 6月7日は浦野先生(旧姓茂木)の結婚式でした。
若くてフレッシュな新婚さんですが、落ち着いていてしっかりとしたお二人なので、お式もゆったりと大人の雰囲気でした。
本当に感動的な結婚式でしたので、クライマックスで泣きすぎた私です・・・。
いつまでもいつまでもお幸せに❤ おめでとうございます!     (榎本)
 

2013年

2013年
フォーム
 
Happy wedding!
2013-12-17
 12月15日に月田先生がご結婚されました。
と~っても美しい花嫁さんでしたよ。
幼稚園の職員の間で月田先生は、よく食べてよく笑う可愛い太陽のような存在。
いつまでもお二人に笑顔いっぱいの幸せが訪れますように・・・。
ご結婚おめでとうございます!
 
 

2012年

2012年
フォーム
 
2012年12月 母子草編集後記(良き場所となるように)
2012年12月

 月刊「致知」11月号の巻頭言に伊與田覺氏が論語の「性(せい)、相(あい)近(ちか)きなり 習(ならい)、相(あい)遠(とお)きなり」という言葉を取り上げていました。もともと人間一人ひとりに大きな違いがあるわけではなく、誰もが相近きものです。しかしながら、躾(しつけ)や教育によって身についた習慣により、人間的に大きな差がついてくるものだという教えだそうです。
 
 また、「教育の場には、家庭、学校、社会(会社)の三つがあります。よい家庭に育った子どもは自ずと立派な人間に育ち、よい校風をもつ学校に入ると問題を抱えた生徒もいつの間にかよくなり、よい社風の会社に入ると意識せずして立派な人材に成長します。国にも国風があります。よい家庭、よい校風、よい社風によって日本人一人ひとりが立派に育てば、世の中がよくなり、立派な国風が形成されていきます。」ともあります。
 
 何度か習慣のことは取り上げており毎回納得をしつつわが家庭の生活習慣を振り返り反省をしているところです。ここで取り上げるのも少しはわがことを棚に上げないとならない訳です。
 
 それぞれの人が全く同じではないということは文面からもわかりますが、世の中全体や公共性を考えると個を認めつつも、よい社会をつくるためにはそれぞれするべきことがありますよね。よき家庭よい園となりたいと願います。(園長)
 

2011年

2011年
フォーム
 
2011年12月 母子草編集後記(個性と協調性)
2011年12月
 
 園長だよりを書いていて思ったことがある。柴崎教授の四つの柱立ての「友達と育ち合う」こと、「生活を共にする」ということ。一番目と二番目は個人の努力でできること。しかし、この二つは相手がいて成り立つこと、そして現実社会は多くの相手があって成立している。その中で生きていくことの大切さはやはり幼児期から培うものである。
 
 数年目の大ベストセラー養老孟司さんの「バカの壁」をひっぱりだした。『人と情報、両者の本質的な特性を比較して考えれば、大きく見て変わらないのはどちらであるか明らかでしょう。だから、若い人には個性的であれなんていうふうに言わないで、人の気持ちがわかるようになれというべきなのです。(中略)「自分の個性は何だろう」なんて、無駄な心配しているんだよと、若い人に言ってやるべきです。それより、親の気持ちがわからない、友達の気持ちがわからない、そういうことのほうが、日常的により重要です。』と…。
 
 この本にもマニュアル人間の批判が書いてあるが、先日の研修会で先生の保育をマニュアル化できないか検討したいと言っていた人がいた。いろんな先生がいるからいいのではないか?よい人材が入ってこないと嘆く意見もあったが、良い人材が働きたいと思う職場を作ることが大事だと思う。個性と協調性バランスが重要だと思うが協調性がないと個性も生きないと思う。(園長)
 

2010年

2010年
フォーム
 
2010年12月 母子草編集後記(鐘の音)
2010年12月

 金剛院に鐘楼堂が建立される。鐘楼堂というと時を告げる合図や除夜の鐘をイメージされるのでないかと思う。除夜の鐘は、岩波仏教辞典によれば、「一年の最後の晩に、旧年を送り新年を迎えるために各地の寺院で撞く鐘。除夜は除夕ともいう。除夜の鐘は、凡夫の持つ百八煩悩を除去し清浄な新春を迎えるため、その数だけ打ち鳴らすとされる。
 
 平家物語の冒頭は「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」で始まる。諸行無常とは、「もろもろ作られたものは実に永遠なものではない」という意味で鐘の響きはただの音ではないようである。
 
 中国の南山律宗の祖である道宣の舎衛国祇園寺図経」の一節の中に《祇園精舎にある一つの堂に銀の立派な鐘が下げられており、僧がまさに逝かんとする時にその鐘が鳴らされる。
 
 その音の中には諸仏入涅槃の法が説かれている。また、病の比丘(びく)(男子の出家修行者)がこの鐘の声を聞くと、本心を失うことなく、「諸行無常はこれ生滅の法、生滅滅し已りて寂滅を楽となす」という音の中で病僧の苦悩は除かれ清涼の楽を得る》と。(お位牌はどこから来たのか 多田孝正著)
 
 すこし難しいかもしれませんが、鐘の音は合図だけではなく、その響きの中に仏道の教えを聞き、菩提心(悟りを求める心、悟りを得たいと願う心)をもつ意味もあるのではないでしょうか。撞く側の心が響きわたりそうなので、しっかりしなければ・・・。(園長)
 

2009年

2009年
フォーム
 
2009年12月 母子草編集後記より(ピースについて考える)
2009年12月
 
 子どもたちが写真をするときにピースをする。職員もハイピースと言って子どもの笑顔を引き出す。ピースをすると笑顔になるんだと言った私の知人もいるが、この意味を知っている人がどれだけいるだろうか。作家の曽野綾子氏が月間Will2009年12月号でこのことを書いている。
 
 このVサインは、文字通り「勝利」を意味するもので、チャーチルが第2次世界大戦中、戦意高揚のために勝利の頭文字Vを指で作って人々に示した。また、百年戦争のときにイングランドの弓兵がフランス軍を挑発するジェスチャーとして使ったという説もあるそうだ。一般にVサインは、全共闘などの学生運動をしていた若者たちがVサインを出して「ピース!」と叫ぶのがかっこよく見えて、子どもたちがまねしたのではないか、と言われているそうだ。このVサインには裏があり、掌を反対にして見せると、「くたばれ」という意味らしい。
 
 日ごろ何気なくやっていることも、その意味を知らずにしていることも多いのではないか?何故やっているのか問うて見るのも必要なことだと思う。これは、園の中にも当てはまることもあると思う。「進化と継承」は永遠のテーマか。
 
 ちなみに私もピースはしないようにしている。あまり格好いいものではないように思う。子どもが笑顔で写真に写るため何か「新たな秘策」を考えようか・・・。(園長)
 

2008年

2008年
フォーム
 
2008年10月 母子草10月号より(誕生日の話II)
2008年10月

 ある年長の子の個人記録ノートに、私からの誕生カードが届き中に書いてあった「おうちのひとにありがとう」と感謝の言葉を送りましょうという旨の文面を読み、お父さんお母さんに「いつもありがとう」といってくれたそうです。メッセージを書いてよかったと思いました。ちなみに年少さんには違う文面になっています。また、多少の違いはありますのでご容赦ください。
 
 昨年の11月号に誕生日の話を人に聞いた話として書いたことがありますが。その元と思われるものに出会いました。人の上に立つ者の心得『貞観政要』に学ぶ 谷沢永一・渡部昇一共著(致知出版社) 唐朝の第二代皇帝 太宗(たいそう 598~649)の言葉です。
 
 「今日は私の誕生日である。世間では誕生日を喜び、楽しむべき日としている。しかし私の心では、かえって感傷の思いをするのである。自分は天下の君となり、四海の富をわがものとしているが、親の養育の恩に対してお側にいて孝養を尽くしたいと思っても今は亡く、永久にすることができない。昔、孔子の弟子の子路が親の死後、親のために米を背負って歩くことができなくなったことを恨んだのは、誠に理由のあることである。だから『詩経』には『悲しいことに、父母は私を生んで苦労した』と言っている。どうして本来は母が苦労した日であるのに、それを喜んで楽しむことができようか」
 
 年に一度の誕生日、お祝いする以外にも子どもの教育にはとてもいい機会かもしれませんね。          〈園長〉
 

2007年

2007年
フォーム
 
2007年12月 母子草編集後記より(危機の中で)
2007年12月
 
 高林京佑君の件では、多くの皆様にボランティアや募金等でお世話になり感謝いたしております。まだまだ、募金の状況は厳しいですので、友人や知人への告知をお願いいたします。本人もクラスのお友だちとテレビ電話で会話をし、元気をもらった様子です。
 
 私も名ばかりでボランティアになかなか参加できませんが、毎日お手伝いいだいている方々の姿を見ると本当に頭が下がります。途方もない募金目標額、危機とはこのようなことを言うのでしょうか?
 
 坂村真民氏の「危機の中で」という詩です。
 
危機の中で 人は成長し 危機の中で 人は本ものになる
 
だから危機を避けるな むしろ危機に立ち向かう心を養え
 
冷たい烈風の中を 行きつつ思う
 
 
 早く回復を祈るのみですが、引き続き皆様方の出来る範囲でのご協力をお願い申し上げます。
(園長)
 

2006年

2006年
フォーム
 
2006年12月 母子草編集後記より(公開保育を終えて)
2006年12月

 11月1日に行いました新規採用教員研修会では、短縮保育でご迷惑をお掛けいたしました。この研修会は、県が主催の事業で私立幼稚園新規採用教員研修の10日間の園外研修事業のうちの一日として、他園の保育を見学し指導計画について研修するというものです。今回は、6クラス以上ある園で、新規採用教員がいないこと、以前に研究発表(公開保育の実績があるということで当園に依頼があったものです。本当にご理解ご協力に感謝いたします。
 
 その成果ですが、先日協会の理事会報告で、感謝のお言葉と頂きました。参加者から感想を聞いた他園の先生が「是非、見学にきたい」といわれたこと、また「早速、できることから園環境を変えて雰囲気が変わりました。」と感想をいただきました。
 
 以前、研究発表をさせていただときに協会の広報誌に「特に発表日近くの数日はわが園の職員の幼稚園教諭としての誇りとプライドを見ることができました。」と感想を書いた覚えがあります。今回も新採研修生や協会役員さんや助言者の先生の前で、園長としての挨拶のなかで同じことを述べさせていただきました。手前味噌になりますが、素晴らしい職員に恵まれていることに感謝です。
(園長)
 

2005年

2005年
フォーム
 
2005年10月 母子草編集後記より(運動会はだれのもの?)
2005年10月
 
◆全日私幼連のPTAしんぶん2ページ目の「子どもの健康12カ月」運動会は誰のもの?お読みになりましたでしょうか?カメラやビデオの記録より子どもの心に残る応援を!!と鈴木みゆき先生(聖徳短期大学部教授)が執筆しています。「記録に夢中な親心は、実は子どもの願いから離れているということはないでしょうか。親の笑顔や割れんばかりの拍手が、子どもたちの気持ちを何よりも満たしてくれるはずです」まだ、お読みになっていない方は、是非一読を。
 
◆わが園も保護者の皆様のおかげで厳しいルールを決めずに運動会ができることは、大変ありがたいことと思います。しかしここ数年、場所取りがエスカレートしたり、ビデオの三脚が最前列に幅を利かせるようになりつつあります。自分の家族のことを少し犠牲にしながらもお手伝いいただく保護者会の役員さんのおかげで運動会もなりたっています。どうか自分だけよければという態度・行為が見られない、親のモラルも素晴らしい、子ども達に胸をはれる運動会になりますように。
(園長)
 

2004年

2004年
フォーム
 
2004年12月 母子草編集後記より(薫習)
2004年12月
 
 幼稚園のホームページがきっかけで、名古屋の方と手紙のやりとりをするようになりました。園長のつぶやきのページに森信三さん(教育者・哲学者)のことが書いてあったのを見て手紙をいただいたのがきっかけです。
 
◆毎月一人新聞「雪月花」というハガキが届きます。今月は「命の重さ」がテーマでありました。子どもの会話の中で「死ね」「殺すぞ」という言葉を耳にすることなどを問題に取り上げていました。
 
◆日頃園の中でも、人が傷つく言葉や言われていやな言葉は言わないように、なぜ言ってはいけないかを指導していますし、もし実際にそのようの言葉を発したときには、厳しく指導をさせていただいています。是非ご家庭でも指導をお願いしたいと思います。この時期にしっかりとした対応ができるかどうかは?あとでかなりの差が出るように思います。
 
◆以前に紹介したことがあるかもしれませんが、習慣について大好きな言葉(日本語)がありますのでご紹介します。
 
薫習(くんじゅう)
どの家庭 どの企業にも そこの雰囲気がある
その雰囲気をつくり出すものは 毎日毎日その家庭の人々が
無意識に行っている習慣から かもし出されるものである
良き香りが習慣として 身についたとき
“薫習”と呼べるであろう      小野正孝
 

2003年

2003年
フォーム
 
2003年10月 母子草10月号並びに群私幼125号編集後記より
2003年10月
 
 歩いた!歩いた!とにかく歩いた!(あるイベントで)甘楽町から富岡市を通り妙義町まで二十数キロ。翌日は、下仁田町を通り南牧村まで二十キロ弱、総距離は四十キロを越えた。連日、秋雨前線のおかげか日頃の行いの良さか、雨また雨。ビッショリ濡れた靴に水がたまりなんとも言えない感触。ウインドブレカーにカッパを装備するも、シャツまでびっしょりで、寒さとも長い道のりの間お付き合いとなった。
 
 ともに歩くメンバーは小学生七名、高校生三名、巨漢の大人二名のグループ(全体では五グループ)。同じグループの同級生の同伴者は一日目に足を痛めて途中棄権。楽しい会話を弾ませ、道草をしながら進む小学生と、とにかく完歩を目指し腰痛と戦いながら真顔で歩く小生との違いといったら…。情けない限りである。
 
 ちょっとそこまでと、車を走らせる時代に、小学生も握飯のみ持って「歩く」ということを通して何らかを感じ取ったと思う。また、高校生と一緒に過ごす時間も相当楽しかった様子だった。ゴールは、一日離れていた両親との対面でもあり、感動的であった。
 
 その後の反省会(小生の得意分野)では、大人たちがこの事業について熱い議論を交わしていた。「子どもと一緒の事業って良いよね!」どこからか聞こえてきた。本当にその通りである。子どもの歓声と笑顔、時には泣きっ面もあるが、毎日子どもたちに囲まれているこの職場は、最高なのである。
1
 

2001年

2001年
フォーム
 
2001年10月「独りの力」
2001年10月
 
「独りの力」
 
ニューヨーク テロの惨劇みなさんはどんな受け止め方をしたでしょうか?
 
テロ  アメリカ合衆国  宗教  ボランティア  愛国心  軍事  報復攻撃
 
日本の対応などなど みなさんも様々なことを考えたことと思います。
 
自分と言う存在が、この地域、この国、地球の人として何ができるのか?
 
 
次の言葉を思い浮かべます。
 
 
-独りの力-
 
 今一番必要なのは、独りの力である。独り独りが、真剣に、どうしたらかつてない、この国の難儀を克服し、突破できるかを考えることである。
 
 衆を頼まず、衆に左右されず、独り独りが考えることである。それができたら、日本は救われる。できなかったら自滅する。(坂村真民)
 
 
この国の難儀も、世界の難儀も 独りの力から
 
たった独りの力で変えられる。
1
 

2000年

2000年
フォーム
 
2000年12月「年の瀬に振り返る」
2000年12月
 
「年の瀬に振り返る。」
 
 年末になると今年の10大ニュースなるものがあります。今年は20世紀特集まであるの賑やかな感じが致します。
 
 今年の園・そして私のニュースを挙げるとするならば、園舎の新築と自作ホームページの開設が一番か二番に入ります。
 
 6年半前、サラリーマンを辞め幼稚園に入ったことは、以前に一月のこのページに書きましたが、その時あちこちに傷みがみえる古い園舎に、園児数が減り続けていた現実・・・いつまでこの園が存続できるのか?というのが私の正直な感想でした。何も幼稚園のことなど分らないのに、毎日のように母親(前園長)と口論していました。今思えば、それは園の先行きが見えないことの不安を母親にぶつけていただけだったのかもしれません。そんな日々がどれくらい続いたかは覚えていませんが、母親も何度となく幼稚園をいつまで続けられるのか悩んだという話を聞きました。しかしそれを思いとどまらせたのは、園に毎日元気に通ってくる子供たち、そして多くの卒園児たちだったようです。そのような話を母親と何度となく話しているうちに私の心境に変化があったと思います。数万円もするセミナーになんども出させていただき私立幼稚園の歴史、存在意義、幼児教育、そして幼稚園経営について勉強しました。ちょうどその頃、幼稚園教員免許取得のために入学手続きをしてあった(手続きのみで一切勉強もしていなかった)通信生大学の勉強も本格的にはじめました。
 
 6年半前にこの時期に新園舎が建つとは考えもしませんでした。ただ何とかしなければならないという思いが強く、とりあえず園児数を5年計画で増やすことを考え、日々取り組んできました。(というより職員に頑張っていただきました。)
 
 そうした日々を過ごしているうちに、数年前に隣地の土地を取得することができ、両親、家族、総出資で新園舎の建設着工にこぎ着けました。みんなみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 
「念ずれば花開く」
 
 この言葉を何度もなんども頭の中に浮かべそして信じていました。そして今次の目標に向かって進んでいますが、この言葉をいつも心に刻んでおきたいと思います。
 
 さてホームページについてですが、何度か挫折しましたが毎日の更新も続けて今日まできていますが、毎日更新することにいろんな意見を(特に同業の方)いただきますが、毎日楽しみに見てくれる人が少なくても続けていきたいと思います。(今後増えるのは間違いないですからね。)喜んでくれる人がいるわけですから、こんなうれしいことはないと思います。
 
 また、「園長のつぶやき」このページにご意見をいただいた某業者さんには感謝いたします。7月の内容についてだったと思いますが、ご指摘をいただきました。
 
 このホームページについて意見や感想が帰ってくるのが開設してから一番うれしいので、どんどん寄せていただきたいと思います。(匿名は勘弁してくださいね。)
 
 保育業者さんの話をさきほどしましたが、ある人(業者さん?というか取引のある方)にいろいろとお話をさせているうちに「まだまだ、あまいよ。もっとできるんだからもっと頑張んなきゃだめだよ。」と渇をいれられました。本当にありがたかったです。
 
 このような保育関連の業者さんは、数多くの幼稚園・保育園を見てまわっているので客観的に見た意見を言ってくれるので本当にためになります。
 
 いろいろだらだら書きましたが、今年も多くの方と様々な機会、場所で出逢うことが出来ました。平成9年の9月号の母子草(園だより)に安岡正篤さんの言葉
 
 
「多逢勝因」
 
 という言葉を紹介させていただきました。
 
 この言葉の意味は、「私達人間というものは、自己を取り戻そうと心がけておっても、なかなか出来ない。何らかの機縁というものがないとできない。そこで浮上してくるのが勝因です。勝れたる原因となる勝因を結ぶ。多逢勝因は心がけ次第で可能です。できるだけいい機会、いい場所、いい人、いい書物に出逢うことを考えなければならない。これを多逢勝因という」です。
 
 今年、出逢えたみなさんそしてご指導をいただいたみなさんに感謝いたします。
 
ありがとうございました。
 
 2001年も、カメのように一歩いっぽコツコツと、うさぎのように時々は休みながら、山を登っていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。
080404
<<学校法人榎本学園>> 〒370-2343 群馬県富岡市七日市1074-15 TEL:0274-62-4230 FAX:0274-62-4581