本文へ移動
学校法人榎本学園
幼保連携型 認定こども園
なのかいちこども園
〒370-2343
群馬県富岡市七日市1074-15
TEL.0274-62-4230
FAX.0274-62-4581

────────────────
・こども園
・学童クラブ
────────────────
1
3
3
9
6
5

つぶやき

つぶやき

2015年

杉木先生おめでとう!(今頃)

 本当に今頃のアップ。ごめんなさい。
杉木先生の結婚式の写真です。ロックハート城での素敵な挙式でした。
披露宴で職員は余興として、杉木先生の大好きな関ジャニの曲でお祝いしましたよ。
退職後もちょこちょこ園に遊びに来ては子どもたちと遊んでいったり、時には仕事をしていってくれたり・・・。いつまでも頼りになる杉木先生です。今度はいつ来るかな~?

Happy Wedding!

2015.02.07
昨年3月までご勤務いただいた宇津巻先生がご結婚されました。
相変わらずか~わいい❤
なんといっても癒し系でいつも笑顔がステキな先生でした。
消防士のご主人様を、いつまでも変わらない宇津巻先生らしさで支え、幸せなご家庭を築いてほしいと思います。
お幸せに!

お誕生日おめでとうございます!

 今日は清水先生の○暦のお誕生日です!とても○歳とは思えない若さです。
職員の優しいお母さん的存在の清水先生。お祝いの冠?で素敵な笑顔です。

2014年

RSS(別ウィンドウで開きます) 

打ち合わせ中

2014-12-18
今日は21日のおゆうぎ会に向けて職員会議。そのあと学年ごとの打ち合わせをしている様子です。会議中も意見を出し合ったり、時には話が脱線して笑いあったりと、チームワークの良いところが「チームなのっち」の力だと思います。
明日は荷物の最終チェックと積み込み作業。頑張ります。

ご無沙汰しております。

2014-12-02
久しぶりに更新してみました。
毎日の子どもたち、園の様子はFBに載せており、こちらは自動的にホームページにもアップされるようになっています。
こちらのブログは・・・同じようではつまらないので七日市幼稚園ウラネタにしようと当初考えていて6月からそのままに。
突如「ブログの存在!」と思いつき今日の更新に至りました。
 
今日はなんと、なのっちNEWパーカーのデザインを担当したM先生のお誕生日です。
いつも細かいところによく気が付き遅くまで仕事をしてくれる、本当に頼りになる青年です。
お誕生日ということで、職員から「早く帰って」と言われ帰宅しましたが。
今夜は奥様の手料理でパーティーかな❤おめでとう!
 
 

富岡高校1年生実習の感想を少し・・・

2014-06-18
■子どもの様子
・いろいろな子がいてどう接すればいいのか工夫した。
・感情表現がとても豊かだった。
・みんな元気!みんな笑顔!みんな活発!みんな積極的!
■施設で工夫されていると思ったこと
・硬そうに見えるコンクリートが実はやわらかかった。
・子どもの体のサイズに合わせている。(便器のサイズ・蛇口位置など)
・きれいで清潔に保たれており、転んでも大丈夫なようにとがったもの、角ばっているものが少ない。
■先生が子どもたちに対する接し方を見て気づいたこと
・とても優しく接していて悪いことをしている子がいればしっかりと注意していた。
・ゆっくりと子どもが理解できるように話し、強張った表情を一度もしなかった。
・子どもと目線を合わせて優しく簡単に言葉を使っていた。
・自分でできることは自分でするように優しさと厳しさで接していた。
・誰に対しても優しく、仕事ではありますが自分の子どものように接している姿はすばらしかった。
■全体の感想
・中学校の時に一回体験しましたが、その時には感じることのできなかったことを感じることが出来ました。仕事を体験するということはとてもいいことだと思うし、やらなければ気づけないこともあるのだと思いました。
・この実習を通して、とても子どもが可愛いと改めて思いました。とても貴重な経験ができました。
・自分も3歳のいとこがいるので今日学んだことをふまえ接したい。3歳にもなると一人で色々とできるなと思った。
・みんなかわいかった!
 
 富岡高校の皆さん、ありがとうございました。
子どもたちも職員も楽しいひと時を過ごすことができました。
良いパパになってくださいね♪  
 

Happy Wedding!

2014-06-09
 6月7日は浦野先生(旧姓茂木)の結婚式でした。
若くてフレッシュな新婚さんですが、落ち着いていてしっかりとしたお二人なので、お式もゆったりと大人の雰囲気でした。
本当に感動的な結婚式でしたので、クライマックスで泣きすぎた私です・・・。
いつまでもいつまでもお幸せに❤ おめでとうございます!     (榎本)

2013年

RSS(別ウィンドウで開きます) 

職員旅行

2013-09-17
 9月14日・15日と福島県へ職員一同旅行に出かけました!
 1日目は上信越道・関越道・北関東道・東北道を乗り継ぎ、福島県へ!南会津の塔のへつり見学、大内宿で名物高遠そばを食べ、芦ノ牧温泉で一泊。2日目は会津鶴ヶ城見学、喜多方まで足を延ばし昼食にラーメンを楽しみ富岡に戻りました。2日目が雨となり白虎隊で有名な飯盛山を見学できなかったのが残念でしたが、温泉で日頃の疲れを癒しつついつものように職員でワイワイ盛り上がり、充実した2日間でした。
 大河ドラマの主人公『新島八重』の故郷ということもあり観光客も多い方面のようですが、まだまだ原発事故による風評被害の影響があるのでしょう。大内宿では「来てくれてありがとう」ののぼり旗が何本も風にはためいていました。一番簡単に(と言っては失礼ですが)できる復興支援は「ほったらかしにしないこと」だそうです。幼稚園や個人として大きな大きな復興のお手伝いは出来ていませんが、今回は観光という小さな復興支援。偶然知ったJRのキャッチコピー『「がんばれ」の次は「遊びに来たよ」のひと言が、東北の力になると思いました。』がまさにぴったりの職員旅行でした。
 ありがとう福島県!また行きたい!

2012年

2012年12月 母子草編集後記(良き場所となるように)

2012年12月

 月刊「致知」11月号の巻頭言に伊與田覺氏が論語の「性(せい)、相(あい)近(ちか)きなり 習(ならい)、相(あい)遠(とお)きなり」という言葉を取り上げていました。もともと人間一人ひとりに大きな違いがあるわけではなく、誰もが相近きものです。しかしながら、躾(しつけ)や教育によって身についた習慣により、人間的に大きな差がついてくるものだという教えだそうです。
 
 また、「教育の場には、家庭、学校、社会(会社)の三つがあります。よい家庭に育った子どもは自ずと立派な人間に育ち、よい校風をもつ学校に入ると問題を抱えた生徒もいつの間にかよくなり、よい社風の会社に入ると意識せずして立派な人材に成長します。国にも国風があります。よい家庭、よい校風、よい社風によって日本人一人ひとりが立派に育てば、世の中がよくなり、立派な国風が形成されていきます。」ともあります。
 
 何度か習慣のことは取り上げており毎回納得をしつつわが家庭の生活習慣を振り返り反省をしているところです。ここで取り上げるのも少しはわがことを棚に上げないとならない訳です。
 
 それぞれの人が全く同じではないということは文面からもわかりますが、世の中全体や公共性を考えると個を認めつつも、よい社会をつくるためにはそれぞれするべきことがありますよね。よき家庭よい園となりたいと願います。(園長)

2011年

2011年12月 母子草編集後記(個性と協調性)

2011年12月
 
 園長だよりを書いていて思ったことがある。柴崎教授の四つの柱立ての「友達と育ち合う」こと、「生活を共にする」ということ。一番目と二番目は個人の努力でできること。しかし、この二つは相手がいて成り立つこと、そして現実社会は多くの相手があって成立している。その中で生きていくことの大切さはやはり幼児期から培うものである。
 
 数年目の大ベストセラー養老孟司さんの「バカの壁」をひっぱりだした。『人と情報、両者の本質的な特性を比較して考えれば、大きく見て変わらないのはどちらであるか明らかでしょう。だから、若い人には個性的であれなんていうふうに言わないで、人の気持ちがわかるようになれというべきなのです。(中略)「自分の個性は何だろう」なんて、無駄な心配しているんだよと、若い人に言ってやるべきです。それより、親の気持ちがわからない、友達の気持ちがわからない、そういうことのほうが、日常的により重要です。』と…。
 
 この本にもマニュアル人間の批判が書いてあるが、先日の研修会で先生の保育をマニュアル化できないか検討したいと言っていた人がいた。いろんな先生がいるからいいのではないか?よい人材が入ってこないと嘆く意見もあったが、良い人材が働きたいと思う職場を作ることが大事だと思う。個性と協調性バランスが重要だと思うが協調性がないと個性も生きないと思う。(園長)

2010年

2010年6月 母子草編集後記(師)

2010年6月
 
 誰に教わるか?は大切。という話を童具館の和久先生はおしゃっていた。木村拓也が英語の先生だったら皆さんも英語を話せるようになっていたのではないか?と会場の保護者を笑わせていた。自分の人生を振り返ってみてどうだろう。確かに高校のときの生物の授業は楽しかった。年老いた先生だったがいつも食い入るように先生の話を聞いていたことを思い出した。とくに生物が好きだったということはない。
 
 一方、最近ある人に紹介されて読んだ「日本辺境論」内田樹(新潮新書)には、「弟子はどんな師についても、そこから学びを起動させることができる。仮に師がまったく無内容で、無知で、不道徳な人物であっても、その人を「師」と思い定めて、衷心から仕えれば、自学自習のメカニズムは発動する。例として太公望の武略奥義の「張良」の話をあげていた。
 
 確かに幸田露伴の「努力論」にも他力による自己革新というのがある。立派な人に仕えて真似をしているうちにいつの間にか仕えていた人も立派になっているという話だったと思う。
 
 師は大切だと思うが、自学自習に本人が気づくこと(スイッチオン)が一番大切かな?と思います。皆さんはいかがお考えでしょうか?だからといって幼稚園の先生は誰でもいいという話にはならないと思いますが・・・。【園長】
 

2009年

2009年7月 母子草7月号より(プロ)

2009年7月
 
 先日、飛行機に乗った際に自席に本を忘れてしまいました。原因は読まずに脇に置いておいて眠ってしまい、そのまま到着したのち荷物棚からカバンをおろして降りてしまったからです。次の飛行機に乗り替えようと思った時に気付き、航空会社のカウンターに相談、機内に問い合わせをしてもらいましたが、見つからないと連絡をいただきました。一応連絡先をつげその場を後にしました。少しすると電話が入り別の係りのものが持っておりましたと連絡が入り、乗り継ぎもあったので翌日取りにうかがう旨を伝えました。翌日、指定されたカウンターに行くと丁寧に対応していただき感激をいたしました。仕事といわれればそれまでですが、そこにサービス業としてプロの仕事ぶりを直接体験しました。
 
 読む本が無くなってしまったので、やむなく売店で雑誌を購入。その中に古典の特集を読み進めると、盛岡市に書店業界に名をとどろかす伝説の本屋さんのことが目にとまりました。何の変哲もない町の書店ですが、同店から数々の全国的なヒットにつながるベストセラー本がでているとのことでした。理由は、書店員が毎日一冊の読了をノルマとして読みこなし、その中から自分たちの好きな本を薦めているのだそうです。これもプロの仕事だと感心しました。
 
 この二つの話を職員全員に話しました。私達にとってプロの仕事とは?やはり日々の保育を反省し次に生かしより良い保育をすること、すなわち日々の子どもたちとの関わりだと。プラス幼稚園の良さを保護者の皆さんや地域の皆さんに伝えていくことができたら最高だと思います。いづれにしてもキーワードは「人」。素敵な人、保育者になることですね。(園長)

2008年

2008年12月 母子草12月号より(インド紀行)

2008年12月
 
インド紀行
 
 過日お休みをいただき青年会議所の世界会議に出席するためインドへ行ってきました。インドには、5月まで在園していたP君と卒園児の小学四年生になるN君がいるので、せっかくの機会ということで、目的地に入る前にバンガロールに立ち寄らせていただきました。
 
 約二日間という短い時間でしたが、久しぶりに両家族の皆さんにあえて有意義な時間を過ごすことができました。私のことや幼稚園のことを忘れずに覚えていただいていたことが何よりうれしかったです。二人ともいくつかの言葉以外の日本語は忘れてしまっていましたが、「えんちょうせんせい」や先生方とお友達の名前など覚えていてくれました。ときどき幼稚園のホームページを見ていてくれているということでした。
 
 インドは今人口がすごい勢いで増えていて、近い将来中国を抜いて世界一になると言われている国ですので、本当に人が多いということを感じました。また、貧富の差が激しく貧しい人々が多いということ、町のいたるところにゴミが捨ててあること、車はクラクションを鳴り響かせ走っていて渋滞もひどいこと、様々なことを見てそして感じ帰ってくることができました。海外へ行くとあらためて日本の素晴らしさ、美しさ、日本人の良さを感じます。
 
 N君のお父さんと会話の中で車のクラクションのことが話題になりました。私が「日本人には人に譲るという精神があるので、ここまで車のクラクションが鳴るということはない。日本には思いやりの心がある。」と話すと「インドも昔はそうでした。偉人伝やとても良い物語もたくさんあります。しかし、人が増えすぎてインフラ整備が間に合わず、現状のように変わってしまった。」と言葉が返ってきました。確かに日本も高度経済成長やバブル等によって失ったものもあると思いました。日本人の徳高き精神性をしっかりと子どもたちに育まなければとあらためて決意をした次第です。(園長)

2007年

2007年12月 母子草編集後記より(危機の中で)

2007年12月
 
 高林京佑君の件では、多くの皆様にボランティアや募金等でお世話になり感謝いたしております。まだまだ、募金の状況は厳しいですので、友人や知人への告知をお願いいたします。本人もクラスのお友だちとテレビ電話で会話をし、元気をもらった様子です。
 
 私も名ばかりでボランティアになかなか参加できませんが、毎日お手伝いいだいている方々の姿を見ると本当に頭が下がります。途方もない募金目標額、危機とはこのようなことを言うのでしょうか?
 
 坂村真民氏の「危機の中で」という詩です。
 
危機の中で 人は成長し 危機の中で 人は本ものになる
 
だから危機を避けるな むしろ危機に立ち向かう心を養え
 
冷たい烈風の中を 行きつつ思う
 
 
 早く回復を祈るのみですが、引き続き皆様方の出来る範囲でのご協力をお願い申し上げます。
(園長)

2006年

2006年12月 母子草編集後記より(公開保育を終えて)

2006年12月

 11月1日に行いました新規採用教員研修会では、短縮保育でご迷惑をお掛けいたしました。この研修会は、県が主催の事業で私立幼稚園新規採用教員研修の10日間の園外研修事業のうちの一日として、他園の保育を見学し指導計画について研修するというものです。今回は、6クラス以上ある園で、新規採用教員がいないこと、以前に研究発表(公開保育の実績があるということで当園に依頼があったものです。本当にご理解ご協力に感謝いたします。
 
 その成果ですが、先日協会の理事会報告で、感謝のお言葉と頂きました。参加者から感想を聞いた他園の先生が「是非、見学にきたい」といわれたこと、また「早速、できることから園環境を変えて雰囲気が変わりました。」と感想をいただきました。
 
 以前、研究発表をさせていただときに協会の広報誌に「特に発表日近くの数日はわが園の職員の幼稚園教諭としての誇りとプライドを見ることができました。」と感想を書いた覚えがあります。今回も新採研修生や協会役員さんや助言者の先生の前で、園長としての挨拶のなかで同じことを述べさせていただきました。手前味噌になりますが、素晴らしい職員に恵まれていることに感謝です。
(園長)

2005年

2005年5月 母子草編集後記より(気づき)

2005年5月
 
 先日、23・24日に青年会議所のイベントで55キロを歩いた。1泊2日小学生の子ども達とともに過ごした。さすがに高学年にもなるとなかなか大人の言うことを素直には聞いてくれないというのが実感だった。幼稚園の子ども達がどんなに素直か再認識した。
 
◆妙義少年自然の家から間近にみえる妙義山の新緑と遅咲きの桜の色が何ともやさしく感じられた。鳥のさえずり、水の流れる音、風の心地よさ、花々の薫りなど、車窓からでは感じられないゆっくりとしたスピードならでは感じられるものを全身で体感することができ、有意義な時間を過ごすことができた。
 
◆ほとんどの子ども達は元気にゴールをしたが、中には足を引きずりながらゆっくりと歩みを進める子もいた。しかし同じ班の仲間はその子を励まし、ともにゴールをするシーンは実に感動的であった。
 
◆感性を磨くこととともに感動をいただいた代償は、日頃の運動不足がたたってできた膨れ上がった足の指と痛みであった。情けないが、この気づきも一つの成果であった。(園長)

2004年

2004年12月 母子草編集後記より(薫習)

2004年12月
 
 幼稚園のホームページがきっかけで、名古屋の方と手紙のやりとりをするようになりました。園長のつぶやきのページに森信三さん(教育者・哲学者)のことが書いてあったのを見て手紙をいただいたのがきっかけです。
 
◆毎月一人新聞「雪月花」というハガキが届きます。今月は「命の重さ」がテーマでありました。子どもの会話の中で「死ね」「殺すぞ」という言葉を耳にすることなどを問題に取り上げていました。
 
◆日頃園の中でも、人が傷つく言葉や言われていやな言葉は言わないように、なぜ言ってはいけないかを指導していますし、もし実際にそのようの言葉を発したときには、厳しく指導をさせていただいています。是非ご家庭でも指導をお願いしたいと思います。この時期にしっかりとした対応ができるかどうかは?あとでかなりの差が出るように思います。
 
◆以前に紹介したことがあるかもしれませんが、習慣について大好きな言葉(日本語)がありますのでご紹介します。
 
薫習(くんじゅう)
どの家庭 どの企業にも そこの雰囲気がある
その雰囲気をつくり出すものは 毎日毎日その家庭の人々が
無意識に行っている習慣から かもし出されるものである
良き香りが習慣として 身についたとき
“薫習”と呼べるであろう      小野正孝

2003年

2003年5月「久々の更新」

2003年5月
 
久々に更新
 
すっかり更新をサボるようになってしまった。
 
当初は、罪悪感があったものの慣れてしまうと結構平気なのである。
 
慣れというものは、本当に怖い。
 
 
忙しいことを理由に更新をサボる理由にしたくないので、
 
一番忙しいときに(勝手に思っているだけで当てにはならない)更新を
 
しなければと思い立った。
 
最近、知人に更新してないねと言われ続けていたのであるが・・・
 
先日、
なのっち大好き息子のお母さんから是非更新してほしいとメールが届いた。
 
期待されると人間は、やる気がでるものだ。
 
これは、大人も子どもたちも同じかな。
 
 
この一週間どうなるかな?と思うぐらいやることが一杯になるとぞくぞくする。
 
この緊張感が私自身を成長させてくれているように思う。
 
所詮、私のやることであるから もともと大そうなことはできないのであるが・・・
 

いろいろ役やら何やら、頼まれたり手を挙げてみたりで、
 
緊張の日々がめぐってくる。
 
すべてお断りすればそれで済むのだが。
 
断らない理由?
 
「人は、各自自分の持って生まれた素質・天分をなるべく十分に発揮し
  実現することを通して、多少なりとも世の中のために尽くすほかないであろう」
 
 森 信三さんの言葉が、心の中にしっかり刻んであるから。
 
でも期待通りに頑張らないと、次から当てにされなくからしっかりしなければ。

2001年

2001年10月「独りの力」

2001年10月
 
「独りの力」
 
ニューヨーク テロの惨劇みなさんはどんな受け止め方をしたでしょうか?
 
テロ  アメリカ合衆国  宗教  ボランティア  愛国心  軍事  報復攻撃
 
日本の対応などなど みなさんも様々なことを考えたことと思います。
 
自分と言う存在が、この地域、この国、地球の人として何ができるのか?
 
 
次の言葉を思い浮かべます。
 
 
-独りの力-
 
 今一番必要なのは、独りの力である。独り独りが、真剣に、どうしたらかつてない、この国の難儀を克服し、突破できるかを考えることである。
 
 衆を頼まず、衆に左右されず、独り独りが考えることである。それができたら、日本は救われる。できなかったら自滅する。(坂村真民)
 
 
この国の難儀も、世界の難儀も 独りの力から
 
たった独りの力で変えられる。

2000年

2000年5月 ひとりの力個人の力

2000年5月
 
『ひとりの力 個人の力』
 
 先日、私事ながら上毛新聞に顔写真が掲載されました。(5月4日)これは、私が住職を勤める西方寺(富岡市岡本)にまつわる民話を取り上げたものですが、特に私は何もしておらず、住職と言うことで掲載された訳です。
 
 私自信が取り上げられたのではなく、住職と言う役職で取り上げられた訳です。
 
 
 ゴールデンウイークは、思いっきり家族サービスをさせていただきました。
 
 とは言うものの、自分が一番楽しんでいたので、家族サービスなる言葉が適切かどうかは、うちのとてもやさしい?奥様に聞いていただけると良いと思います。
 
 話がとびとびになりますが、そのゴールデンウイークの5日に子どもの日スペシャルで、中国から来たひとりの小学生について特番がありそれを見てとても感動致しました。
 
 内容は、中国から単身日本で働くお父さんが、家族(奥さんと子ども)を呼び寄せ日本での生活を始め、それからの2年間を追ったドキュメントでした。
 
 この小学生の女の子もちろん日本語は話せません。そんな子が、全校児童の前で、始めて自己紹介した時、『日中が友好であることを願っています。』と言う旨の話をしました。確か3年生だったと思いますが、自分の3年生の時のことを思い出し、また、今の日本の3年生がこんなことを言えるのかと関心しました。
 
 この女の子は、2年後はクラストップの成績を残すまでに努力し成長をしました。これには、もちろんこの女の子の努力は相当なものだったと想像しますが、担任の先生の力そして会話も成立しないのに毎日この女の子の家の玄関まで迎えに来てくれた友達の力も大きいと感じました。
 
 何でこんなことを書くのかと言いますと、表題の『ひとりの力 個人の力』なのです。ひとりの力も本当に努力・精進によって大きな力になること、そして一人ひとりの力がまとまると想像もできないような力となることを改めて感じました。
 
 ひとりの力で私が思い浮かべるのは、イエローハットの鍵山秀三郎氏(相談役)です。30年以上掃除を続け、そして全国にこの掃除の運動『掃除に学ぶ会』が広がっていることは、あまりにも有名な話ですが、やはりスタートは『たった一人の力』です。
 
 「住職・園長と個人ではない役職の力におんぶにだっこじゃダメなんだぞ」とどこからか声が聞こえてくる今日このごろです。
TOPへ戻る