本文へ移動
学校法人榎本学園
幼保連携型 認定こども園
なのかいちこども園
〒370-2343
群馬県富岡市七日市1074-15
TEL.0274-62-4230
FAX.0274-62-4581

────────────────
・こども園
・学童クラブ
────────────────
0
9
9
2
2
7

つぶやき

2008年

2008年11月 母子草11月号より(結婚式)

2008年11月

 過日、知人の結婚式に参加しました。私と同じ学年であるから年齢的には遅い方でしょうか。しかし、年齢などは関係なく結婚式はいいものだとつくづく思います。8月には、以前勤務いただいていたI先生の結婚式にもお招きをいただきました。結婚式が好きな理由は、けじめをつける日だからだと考えています。育てていただいた両親、結婚相手の親、お世話になった方々へのけじめの日なのだと思います。そのけじめをどのように表現し、おもてなしをし、言葉に表すのかが、披露宴の内容や御礼の言葉に表れているからだと思います。
 
◆『善生経』では親の子に対する一般的な義務として(1)悪から遠ざける(2)善に入らしめる(3)技能を習学させる(4)適当な妻(似合いの)を迎える(5)適当な時期に相続をする。と五つ方法で子どもを愛するとしています。
 
◆『近代ヨーロッパ社会では、まだ子女の配偶者を親が配慮することもあるが、次第に子女自身が見つけるという傾向が増大している。(中略)しかし子女の結婚を親がそれとなく気遣うという傾向は決してなくならない。原始仏教の時代から現代の機械文明の時代に至るまで親たちの心がまえは変わらないで、ただそれの具現のしかたが異なって来ているだけなのである。』(<東洋>の倫理 中村元著 春秋社)は納得。
 
◆いづれにしても子のけじめの日に親として尊敬が得られるかどうかが問題なので、日々の親の役割をしっかりとつとめていかなければいけませんね。もう一つ結婚式の好きな理由を忘れていました。懐かしい人と再会ができ、楽しくお○がいただけることも、大きな理由ですね。
(園長)
TOPへ戻る