本文へ移動
学校法人榎本学園
幼保連携型 認定こども園
なのかいちこども園
〒370-2343
群馬県富岡市七日市1074-15
TEL.0274-62-4230
FAX.0274-62-4581

────────────────
・こども園
・学童クラブ
────────────────
1
0
1
2
3
8

つぶやき

2009年

2009年6月 母子草6月号より(市民としての責任)

2009年6月
 
 東京杉並区の和田中学校元校長藤原和博さんの著作を読んでいます。民間人から初の校長ということや「よのなか科」や塾と学習塾と連携した課外授業「夜スペ」で有名であります。実は、7月に小生がコーディネーターで、パネルディスカッションでご一緒させていただくことになったこともあり、人と成りをしっておかなければと思ってのことです。
 
 学校の運営というか経営についてはかなり参考になる部分があったというのが感想で、幼稚園に活かせることもあると赤線を引いております。また、昨年小学校のPTA会長をさせていただきましたが、名前だけで一年が過ぎてしまいました。この和田中学校はPTAも地域も巻き込んで学校改革されていますが、今後の学校の在り方に問題提議をされたことは素晴らしいことであると思います。(ここの学校だったら会長は務まらなかったのでは?と思った次第です)。もちろん賛否両論あることは理解してのことです・・・。
 
 しかし一番気になったのは、『自分が払っている税金や年金のこともよくわからないし、地域社会を形づくる、教育や介護や街づくりの現場に積極的な参画もしない。文句は言うが、対案をつくり自ら実現に向かって責任を分担することを避ける。そんな「住民」をつくってきた。これでは成熟社会を生きる「市民」の態度とはほど遠い。』と成熟社会にいきる日本人に必要な教養に警鐘を鳴らしている点であります。確かに様々な制度等が、興味や関心を引くような分かりやすいものでなく内容が難しすぎることも問題だと思いますが、それにしてももっと自分たちで考えることは必要だと思います。(園長)
TOPへ戻る