本文へ移動
学校法人榎本学園
幼保連携型 認定こども園
なのかいちこども園
〒370-2343
群馬県富岡市七日市1074-15
TEL.0274-62-4230
FAX.0274-62-4581

────────────────
・こども園
・学童クラブ
────────────────
1
0
9
2
6
5

つぶやき

2010年

2010年12月 母子草編集後記(鐘の音)

2010年12月

 金剛院に鐘楼堂が建立される。鐘楼堂というと時を告げる合図や除夜の鐘をイメージされるのでないかと思う。除夜の鐘は、岩波仏教辞典によれば、「一年の最後の晩に、旧年を送り新年を迎えるために各地の寺院で撞く鐘。除夜は除夕ともいう。除夜の鐘は、凡夫の持つ百八煩悩を除去し清浄な新春を迎えるため、その数だけ打ち鳴らすとされる。
 
 平家物語の冒頭は「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」で始まる。諸行無常とは、「もろもろ作られたものは実に永遠なものではない」という意味で鐘の響きはただの音ではないようである。
 
 中国の南山律宗の祖である道宣の舎衛国祇園寺図経」の一節の中に《祇園精舎にある一つの堂に銀の立派な鐘が下げられており、僧がまさに逝かんとする時にその鐘が鳴らされる。
 
 その音の中には諸仏入涅槃の法が説かれている。また、病の比丘(びく)(男子の出家修行者)がこの鐘の声を聞くと、本心を失うことなく、「諸行無常はこれ生滅の法、生滅滅し已りて寂滅を楽となす」という音の中で病僧の苦悩は除かれ清涼の楽を得る》と。(お位牌はどこから来たのか 多田孝正著)
 
 すこし難しいかもしれませんが、鐘の音は合図だけではなく、その響きの中に仏道の教えを聞き、菩提心(悟りを求める心、悟りを得たいと願う心)をもつ意味もあるのではないでしょうか。撞く側の心が響きわたりそうなので、しっかりしなければ・・・。(園長)
TOPへ戻る