本文へ移動
学校法人榎本学園
幼保連携型 認定こども園
なのかいちこども園
〒370-2343
群馬県富岡市七日市1074-15
TEL.0274-62-4230
FAX.0274-62-4581

────────────────
・こども園
・学童クラブ
────────────────
1
1
7
2
1
0

つぶやき

2010年

2010年2月 母子草編集後記より(立志)

2010年2月

 過日妻より中学の娘の学校からの手紙を手渡された。あまり模範的ではないが普段このようなことは余りないので目を通す。「立志式・・・」と目に入る。うちの娘もそんな年か?などと思いつつ読み進むと、どうやら親が子どもにあてたメッセージを書かなければいけないということなのだ。日ごろの反省もあり、「おー、書いてあげよう。」などと強気で口走ってしまったが、便箋と封筒は机の上に置いたままである。
 
 私も立志式には将来の夢を書いた。その後の志のない生活のおかげで20歳のときにその作文は届いたが、その時点でもうすでにかなわぬ夢となっていた。
 
 幕末の福井藩士橋本佐内(景岳)が15歳のころ啓発録を記した。去稚心、振気、立志、勉学、択交友、この五つのテーマでまとめられている。その「立志」の中の一文に「志の立ち定まっていない者は、魂のない虫けらと同じで、いつまでたっても少しの向上もないが、一度志が立って目標が定まると、それからは日に日に努力を重ね成長を続けるもので、まるで芽を出した草に肥料のきいた土を与えたようになる。」とある。私自身とは比較にもならない立派な人間である。
 
 大人になって「志」の大切さに気付いた父親とすれば、さて何を娘に伝えればいいのであろうか?受け売りの言葉ではいまいちだし、自分の経験を書くのもいいが、果たして娘の「立志」に影響を与えるか甚だ不安である。「嗚呼、締め切り近し。」(園長)
TOPへ戻る